AN-202 LED16モジュール 使い方

../_images/LEDx16.jpg

概要

手取り早くEtherCATにて通信テストを行う際のもっとも単純なEtherCAT Slaveモジュール用のLEDボードです。

EtherCAT GPIO16ポート LAN9252使用評価ボード に接続して使います。

USB-MicroBを電源とし、GPIOx16を全てLEDに接続してあります。

外部回路を接続する前に、マスター側のプログラムが正常かどうか、またEtherCATの勉強用に使用出来ます。

モジュール側のセットアップ

  • EtherCATモジュールにLEDモジュールを接続する。

  • POWERのLEDが点灯する事を確認

PC側のセットアップ

EtherCATは一般のPC(Linux)に付属する有線LANを使って通信を行います。

物理的なセットアップは、

  • PC(Linux)の有線LANポートにLANケーブルを接続する。

  • その有線LANを直接 EtherCATのAポートに接続する。

  • EtherCATのアクセスランプの点滅を確認する。

  • Linux側では有線LANが接続されたが、インターネットへは未接続といったアラートが出る。(問題ない)

続いて、ソフトウェアの準備です。

これでモジュールが点滅したりします。

※その他、上手く行かない際は以下の問い合わせよりご連絡下さい。

info@artifactnoise.com (アットマークを半角にしてください)

ピンアサイン

電源ケーブル

USB Micro-B

ボード電源

5V

IC駆動電圧

3.3V

I/O電圧

3.3V

../_images/pin_assin2.png

回路図

../_images/LED16.png





■ 管理情報

管理者

北神 雄太(Yuta Kitagami)

連絡先

kitagami@Artifactnoise.com

公開日

2019/02/05

更新日

2019/02/05